• mixiチェック

右足首が朝起きた時痛む60代の婦人

■2018/06/12 右足首が朝起きた時痛む60代の婦人
この婦人は、朝起きた時とか

長く歩くと右足首が痛むという。


診せていただくと、

痛い方の足が1センチ近くも大きい。


「子供の頃からそうなんです」

と婦人。


足が大きくなるのは脛骨が

前に出ているからそうなるわけで、


子供の頃から右足首には

問題があったわけだ。


痛む部位は外踝だと言われるのだが、

内踝の前の部分が

少し水が溜まり膨らんでいる。


踝の横に水が溜まるのは踝が

ズレている方向にできるので、

内踝が前に出るという

位置異常が大元の原因といえる。


脛の前脛骨筋、長趾伸筋が

足首の辺りは

腱になっていて硬いが


それを指圧して緩める。


これを緩めるとに

踝が自然と適正な

位置におさまるのだ。


5秒後には、

1センチ大きかった足が縮まり

左足とほぼ同じぐらいになっていた。


これでベッドから降りて

歩いていただく。


「まだ少し痛みますが、

楽になっています」

と表情が明るくなっておられる。


恐らく痛くなって長いのだと思う。


整形外科とか接骨院に

随分通われたことだろう。


しかし整形外科とか接骨院で

こういった症状を

改善させることは難しい。


整体でも足首に関して

対応できる治療院は多くはない。


かなり以前にアーバンという

地域情報誌に

足首の重要性について

書いた広告を載せたことがあるが、

この婦人は、

その切り抜きを財布に入れて

大切に持っておられた。



今は紙面の広告は

殆ど効果はないので

広告を出しても採算は取れない。


しかしこの婦人のように

情報誌を見て知られる方がいると思うと、

経費を削減したくても

止めるわけにはいかない。



この婦人は、1週間後に来院され

「足首だけでなく

膝まで楽になったのには

驚きました」

と嬉しそうに語っておられました。


彼女への施術は2回で終了した。



































◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
新生院
http://www.konpon-seitai.com
住所:〒211-0063 神奈川県川崎市
中原区小杉町3-432-1 オムラビル302号
TEL:044-711-1623
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆