• mixiチェック

整形外科の先生の対応に憤る20代後半の女性

■2018/01/08 整形外科の先生の対応に憤る20代後半の女性
この女性は1週間前に急に肩が凝り始め、
首も痛くなった。

今まで肩凝りになった体験がなく、
何処へ行けば良いのか分からなくて、
気にしないようにしていたのだが、
一向に治らないので、

(普通、肩凝り症の人なら
マッサージとか整体に行くのだが)

整形外科へ行ったというのだ。

レントゲン検査をして先生が曰く、

「骨は何でもないから大丈夫ですよ」
よかったですね、という感じ。

「えっ、大丈夫?」
彼女としては意外な返答であった。

「じゃあ、どうして肩が凝って、
首が痛いのでしょうか」と訊ねる。

「どうしてでしょうねえ」わかりません。
という態度で答え、
「とりあえず、痛み止めと、
湿布を出しておきましょう。
ではこれで」
という軽い感じで診察が終わってしまう。

「治っていないのに、これで医者と言えるの!」
彼女としては、納得できず、
帰りの電車の中でネットで検索しまくったようだ。

そして、当院の口コミ評判を見つけ、
当院に来ることを自分の中で決定して、

電車を武蔵小杉駅で降り、それから
電話をかけてこられたのだ。

これはついこの前の1月4日のことである。
まだ正月休み中なのだが、
私がたまたまブログ書きの為に来ていたので、
彼女からの電話を受けてしまったのである。

整形外科を出た後の
彼女の強い思いが、
本来休み中である当院で治療を受けることを
実現させたと言えよう。

はっきりとお医者さんに
言いたいことを言うだけあって
行動力のる人だ。


一通りお話を伺い
「あなたが、整形外科に行ったのが
間違いなのです」と私が言う。

「保険がきくのと、
日本人はお人好しの為に、
何故か病院は繫盛はしていますが、
整形外科で
肩凝り、腰痛、膝痛、
五十肩とか、色んな症状で
簡単に治る人はないのです。

整形外科は
治してくれる病院ではないのです。

あなたのように、はっきりと
疑問をぶつける人が多くなれば、
ひょっとすると
”すぐ治さないといけないのかな”
と思うようになるかもしれません」

そう言ってから治療を始めることにする。

話を伺いながら彼女の
肩凝り、首の痛みは
寝違いであろうと
見当をつけていたのだが、
その通りであった。
意外と背筋も張っているし、
骨盤も歪んでいたので、
全身の整体と脳脊髄液調整までしてあげて
お終いにする。

「軽くなったあー」
と彼女が大喜びで帰って行かれたのは
言うまでもない。


彼女が整形外科を出た後、
電車の中でネットで当院を探し出し、
もうそこへ行こうと決めつけて
武蔵小杉で電車を降り、
ホームを歩きながら当院に電話をかけてくる。
正月休み中なのに、
たまたま私がいて電話に出てしまい、
「すぐ来るならやってあげましょう」
と言ってしまう。
そして、彼女は持っていた問題を
解決することが出来た。

これはほんの小さな出来事であるが、
この一連の流れの中に
人生の素晴らしい法則を
見い出すことができる。

疑いもなく決めつけて、
思い込んだ行為が、
実現するということである。

私は

新しい年の始まりに

素晴らしい宇宙の法則の

目撃者になった。














◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
新生院
http://www.konpon-seitai.com
住所:〒211-0063 神奈川県川崎市
中原区小杉町3-432-1 オムラビル302号
TEL:044-711-1623
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆