• mixiチェック

米国へ出張に行ってから体不調に陥った30代前半の男性

■2017/11/13 米国へ出張に行ってから体不調に陥った30代前半の男性
この男性は1年ぐらい前に持病の下痢、胃の弱さ、腰痛、頭痛を当院で改善してから、治療に来るのが遠のいていたのだが、

今回米国への出張に行き、帰って来てからまた不調に陥いり、胃、腰、ふくらはぎが痛むのと、頭痛もするという。


ベッドに俯せになっていただき、背中を診てみる。

骨盤が歪み、背骨がジグザグになっている。

骨盤と、脊椎の矯正を念入りにする。

次に仰向けになっていただき、お腹に触れてみる。

私が真っ先に触るのは十二指腸である。

十二指腸にある内容物を先に、小腸へ流しておいてから胃に触るのだ。

臍の辺りに移った時、

「そこが痛いのです」と彼。

「ここは十二指腸ですよ」と私が言う。

胃に触れてみると、

「そこは痛くないです。胃が痛いと思っていましたが、十二指腸が痛かったのですね」と彼。

十二指腸は意外と痛がる人が多いし、内容物がよく残っている。

小腸まで何度も繰り返し流しているうちに痛みが治まってきた。

あと、ふくらはぎ痛だが、筋膜リリースをすると、軽くなった。

頭痛の為に、脳脊髄液調整もする。

全てが終わりベッドから降りて歩いていただく。

「脚が軽くなりました。全身がスカッとして、来た時と全然違いますね」とスッキリした顔で彼が言う。

「16時間の時差があるので、そのせいだと思っていましたが、そうでもなかったのですね。
調子がすっかり戻りましたよ」


飛行機は高度が高く気圧が低い為に、身体が浮腫む。

長時間乗れば乗る程、体液の流れが悪くなり体調も悪くなる。

エコノミー症候群はこうして起きるものなのである。

こういう場合脊椎矯正と脳脊髄液調整をすると、神経の働きが回復して、体調が俄然と良くなってくるものなのだ。























◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
新生院
http://www.konpon-seitai.com
住所:〒211-0063 神奈川県川崎市
中原区小杉町3-432-1 オムラビル302号
TEL:044-711-1623
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆