• mixiチェック

自律神経失調症、めまい、フラフラ感で大変な方

■2017/02/25 自律神経失調症、めまい、フラフラ感で大変な方
この頃、私のブログを読んで来院される人が増えている。
「ブログを読むのが楽しみです」等と言われるとついつい嬉しくなってしまう。
A型なのにおだてに乗りやすい。

今回来られた50代の婦人は、整体師が書くブログがいっぱいある中で、私のブログを見て、自分も新生院なら救われるのではないか?と思って来られたという。

四年前から自律神経失調症、めまい、耳鳴り、フラフラ感、頭痛、動悸、甲状腺機能低下症、下痢、等があり、その他、左側の頭、首、肩、腰の調子が悪く、体全体が重くて辛くて気力が出ない。

子供が3人いるので、家事をしなければならないが、重い体を引きずるようにしてこなしているのみ、喜び、楽しみの無い、辛くて苦しい毎日を、四年間も過ごして来られたのだ。

病院は勿論行っている。

私が絶対に行ってはいけないと、口を酸っぱくして言っている精神科だ。
本人は鬱でないと思っているのに、そう診断され抗鬱剤を飲まされている。

こんなに色々な症状を病院の先生に訴えたら、鬱でなくても鬱にされてしまう。

セロトニンの入った抗鬱剤を飲めば、多少元気が出るから効いたように思ってしまうが、それは決して治している分けではない。
ただ抑えているだけなのだ。
その間に原因である症状は、どんどん悪化してしまうから、やがてその薬では通用しなくなる。
すると、もっと強い薬が処方される。
こういうサイクルで、寝たきり状態への道を転がり落ちていくのだ。


では、この訳の分からない愁訴の原因はいったい何であろう。

”脳脊髄液の溜まり過ぎ”が原因なのである。

脳脊髄液が溜まり過ぎると、頭蓋骨が膨らみます。それは、逆に脳に対して圧迫がいくことになるのです。
脊髄液の量が増えれば増える程、圧迫が強くなり、脳の機能が低下していって、様々な病気のような現象が起きてくるのです。
薬で抑えている間に、脊髄液は休むことなく溜まり続けています。
これが、恐ろしい。
悪化しているのです。
終いには頭がもの凄く重くなり、体が動かなくなる時が来る。

この様に西洋医学の、ただ症状を抑えてれば良いというやり方は治すのでなく、悪化させていることがよく分かると思う。

でも、脊髄液の調整をさえすれば、脊髄液が排出されますから、脳は圧迫から解放されて機能を回復する。
それは、何時からでも可能です。

だから、この方も今すれば、間違いなく改善されます。

もう一つある体の左側の不調は、左寛骨が上がっているのが原因だから、骨盤、肋骨、肩の高さを矯正していけばいい。

下痢は膵臓の疲れだ。試しに臍の少し上をチョット押すだけで、「気持ち悪い」と言われる。膵臓が相当に腫れているのだ。
膵臓には重曹水である。
一日コップ1~2杯飲むだけで徐々に回復していく。(膵臓に効く薬は世の中にない)
下痢に効果があるのも実証済みだ。


骨盤矯正、脊椎矯正、肋骨矯正、脳脊髄液調整をして全てが終わると、ぼやっとしていた表情が激変していた。
目がハッキリとして、生気が出てきている。

鏡の中の蘇った自分の顔を見て、本人もビックリして笑顔になっている。笑顔は随分忘れていた筈だ。

次回の予約をして帰られたが、希望を見いだされて良かった。
私も嬉しい。

このように”脳脊髄液調整”は非常に重要な調整法だ。
でもまだメジャーになっていないし、殆ど知られていない。
私としては、ブログを通じて、精神科へ行く前に”脳脊髄液調整”を試しましょうと、世の中に訴え続けていくしかない。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
新生院
http://www.konpon-seitai.com
住所:〒211-0063 神奈川県川崎市
中原区小杉町3-432-1 オムラビル302号
TEL:044-711-1623
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆