• mixiチェック

メニエール、甲状腺ホルモン異常、脳の疲労等に影響=頸椎

■2016/11/14 メニエール、甲状腺ホルモン異常、脳の疲労等に影響=頸椎
今回は、頸椎になります。
首は細いために、中枢神経、迷走神経を始めとして色々な神経が、頸椎に近接しています。
近いということは、触れるまでいかなくても、圧迫してしまうことが多々あるのです。迷走神経が圧迫をうけると、五臓(胃、腎、肝、脾、膵)に悪影響が及ぶ場合があります。

頸椎は七個ありますが、胸椎、腰椎よりも、影響を与える範囲が広く、非常に重要な椎骨であります。

ざっと前と同じように、表してみましょう。

・頸椎1番  脳の疲労、目の疲れ、めまい、
       神経衰弱、半身不随、顎関節症

・頸椎2番  頭痛、むち打ち、失神、酸欠、必尿   
       器系、日射病

・頸椎3番  鼻疾患、喘息、甲状腺、眼疾患
       五臓(胃、腎、肝、脾、膵)の
       働き、迷走神経と関連する

・頸椎4番  耳疾患、歯の痛み、呼吸器、
       しゃっくり

・頸椎5番  メニエール、喉の痛み、気管支
       喘息、平衡感覚

・頸椎6番  手の痺れ、手の平の痛み、甲状腺
       肌のキメの良し悪し

・頸椎7番  心臓と動脈、高低血圧、むくみ
       リンパ、胃病、気管支

頸椎1番を治すと全てが治る。という説もありますが、2番が歪んでいる場合が多く、2番を先に矯正する必要があります。

また、首全体が曲がっている人がとても多く、それは左右の肩の高さの違い、胸椎1~2のズレなどが原因なのであります。これらを治せば、曲がりは自然と矯正されます。

肩こりで奥の方が凝っている、と訴える人が多くいます。この胸椎1~2番の出っ張っている部分が、凝った感じに思えるのです。この歪みを正せば、凝り感は消えてしまいます。

整体で、骨盤矯正にこだわるのも、脊椎が上に、ストレスなく伸びることができるようにするためなのです。
逆に、脊椎だけ矯正しても、骨盤が歪んだままですと、しばらくしたら脊椎が元に戻ってしまいますが・・・。

頸椎、胸椎、腰椎と合わせて24個の脊椎から、神経が左右に出ています。この脊椎が歪むことなく並んでいれば、神経は正しく働くので、真の健康を得ることができるのです。


3回にわたって、椎骨と神経と内臓の関係を見てきましたが、整体においては脊椎矯正は根幹的な内容であると理解していただけたでしょうか。

もし、整体院を探しているとしたら、脊椎矯正をしてくれるかどうかを確かめてから、決められたら良いと思います。






 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
新生院
http://www.konpon-seitai.com
住所:〒211-0063 神奈川県川崎市
中原区小杉町3-432-1 オムラビル302号
TEL:044-711-1623
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆