• mixiチェック

左股関節が8か月間ずーっと痛み続けている40代婦人

■2018/10/30 左股関節が8か月間ずーっと痛み続けている40代婦人
この婦人は20年ぐらい前に股関節が

痛くなって以来

時々痛んだり

何とか自然におさまったり

してきていたのだが、


8か月前に痛めてからは

ずーっと痛いままの状態が続いている。


その痛くなり始めた時に行った

整形外科では

”臼蓋形成不全”(股関節を受ける

孔が浅い)との診断され

「手術しが方法がない」

と言われたという。


「手術をする時が来るまで

痛み止めの薬を飲んで

我慢しているしかないですよ」

ということなのだ。


整形外科は頼りにできない

所だと気付き、


それまで時々通っていた鍼灸院

にも行ってみたが、

全く効果がなかったので、


途方に暮れたまま

いつの間にか8か月が

過ぎ去っていたと言われる。


最近会ったママ友から

当院を紹介され

急いで予約をしてこられたのでした。


股関節痛の始まりは寛骨が後傾して

上にあがっている為に起きる。


大腿部の殆どの筋肉は寛骨に

起始部があり

停止部は大腿骨下部か脛骨上部にある。


だから

寛骨が上がれば起始部の辺りの

筋肉が伸ばされるので

それ以上は伸びないし痛む。


股関節が硬いのは

それ以上伸びないのが原因である。


股関節を柔らかくしようとして

ストレッチをするということは

無理に伸ばすのだから

当然、筋肉を痛めることになる。


ひどい時は肉離れになり

回復にすごく時間がかかってしまう。


だから、硬くなっている股関節を

ストレッチをして伸ばそうと

してはならないのである。


この婦人も8か月前に

おそらく無理に伸ばして痛めたに違いない。

それで常時

痛むようになったのだ。


普通は自然治癒力で

改善していくものなのだが、

寛骨が上がっているままだから

いつも起始部の筋肉が

伸ばされ続けている為

回復できずにいるのだ。


この婦人には

骨盤、脚、膝、

肋骨、内臓、大腰筋

など色んな角度から

調整をして

左右の寛骨の高さを揃え

肋骨や脚側からの圧迫が

かからないように調整をした。


まだ炎症が残っているので

痛みはあるが

かなり改善された。


長い股関節痛は一発での

改善は無理なので

しばらく通っていただくことになる。












































◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
新生院
http://www.konpon-seitai.com
住所:〒211-0063 神奈川県川崎市
中原区小杉町3-432-1 オムラビル302号
TEL:044-711-1623
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆