• mixiチェック

右側の顎が痛む30代女性

■2018/09/06 右側の顎が痛む30代女性
この女性は半年以上前に顎関節症で

一回来られたことがある。

随分調子が良かったのだが、

最近になって

また痛くなってきたと言われる。


ベッドに座っていただき

首、顎回りを触ってみる。

痛いという右側の咬筋の張りは強いが、

頸椎の1番は下顎角を押していない。

(普通は押しているものなのだが)

だから咬筋を緩めただけでは

多少は改善した程度で

痛みは依然として残っていた。


こうなると筋膜から刺激するしかない。


腰の腰方形筋、臀部の中殿筋、

肩甲骨の小円筋等を30秒以上

じわっと押圧して緩めてみる。

これで筋膜の歪が改善された筈だ。


「口を開けてみましょう」

と私。

「あっ、痛くない。すごい」

と驚く彼女。


嚙みしめも強いので

足根骨を緩め

身体全体の整体をして終わりにする。


筋膜は足裏から頭まで繋がっている。

だから身体のどこかが歪むと

筋膜も歪み、

その歪みが全身に及ぶ。


身体の中心である

腰方形筋の筋膜をを正すことによって

上方向、下方向の筋膜に

ある程度

良い影響を与えることができる。


筋膜が改善されると

全身のあらゆる部位が

調整しやすくなるのだ。


彼女の場合

腰から顎に筋膜の

遠隔操作をすることで

顎関節症を改善することができた。
















































◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
新生院
http://www.konpon-seitai.com
住所:〒211-0063 神奈川県川崎市
中原区小杉町3-432-1 オムラビル302号
TEL:044-711-1623
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆