• mixiチェック

右の首から肩にかけて異様に凝って辛い40代の婦人

■2018/09/04 右の首から肩にかけて異様に凝って辛い40代の婦人
この婦人は

昔から右首筋から肩にかけて

凝る傾向があったのだが、

ここ1年ぐらい前から、

異様に凝るようになり

辛さが増したという。


また嚙みしめがあるので

それが原因ではないかと

ご本人は思っておられるようだ。


勿論、口腔外科で作ってもらった

マウスピースはしているらしいが、

それで嚙みしめが

改善するわけではない。


この婦人には

足首、骨盤、脊椎、肋骨

の調正をした。


これで左右の肩の高さが改善され

首の曲がりが正された。


首筋に触ってみると

確かに右側が後方に出て異様に硬い。


今まで色んな治療院に

行ってこられたらしいが

皆等しく、症状の出ている

”右側”を揉みほぐそうとしたに違いない。


だがこの場合は右側ではなく

左側の肩甲挙筋を

緩めるべきなのである。


左側の肩甲挙筋に

親指を当てて、

頭を揺らしながら上から下まで

順々に緩めていくと

急に首がグニャグニャになった。


「すごく首が楽になりました」

婦人がびっくりして

振り返ったり、

頭を反らしたりしながら

動き具合いを確認している。


最後に

嚙みしめもあるので

足根骨の舟状骨を緩め

顎の咬筋を緩めて

全てを終了した。



一般的に

痛みが発生している反対側に

原因がある場合が多い。


この婦人も痛みを訴える

右側にでなく左側を施術して

首全体が柔らかくなった。


このように

根本的な観点からの治療法が

効果が持続するし

患者さんにも

大きな満足心を

与えてあげることができる。






































◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
新生院
http://www.konpon-seitai.com
住所:〒211-0063 神奈川県川崎市
中原区小杉町3-432-1 オムラビル302号
TEL:044-711-1623
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆