• mixiチェック

頭蓋骨がズレていると言って来院された30代男性

■2018/07/06 頭蓋骨がズレていると言って来院された30代男性
頭蓋骨は23個の骨があり、7個の脳頭蓋と

16個の顔面頭蓋とで構成されている。

脳頭蓋は前頭骨、頭頂骨(2個)、後頭骨、

側頭骨(2個)、蝶形骨の7個で

これらのつなぎ目を縫合と呼ぶ。

縫合には冠状縫合、矢状縫合、鱗状縫合

ラムダ縫合がある。


今回来院された男性は

頭頂部の矢状縫合がズレていると仰る。


ベッドに座っていただき

頭頂部に触れてみる。

矢状縫合の合わせ目が

確かにコンマ数ミリ開いているのが分かる。


このことが何年も前から

気になって仕方がなかったのだが、

何処へ相談に行けばいいかも

分からなかったのである。


たまたま見ていたTVで、

頭蓋骨矯正の存在を知り

ネットで探しに探して当院に

辿り着つかれたのだ。


矢状縫合部が開いているということは

頭蓋骨が膨らんでいるからで

脳脊髄液が多くなり過ぎている為だ。


だから脳脊髄液調整をして

頭蓋骨を小さくすれば、開いている

矢状縫合部は自然に閉じる。

それ程難しいことではない。


彼にはそのように施術した。


結果はとても満足のいくものだった。

気になっていた部分が

消失しただけでなく、

眼精疲労も改善し、頭が軽くなった

ことに彼は驚いていた。


現代は情報が溢れ過ぎて何が正しいか

そうでないか、わからないことも多いが、


彼のように気になっている問題に

TV放送が回答を与えてくれた。


この様に情報が多いのも

時には役立つこともある。


























◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
新生院
http://www.konpon-seitai.com
住所:〒211-0063 神奈川県川崎市
中原区小杉町3-432-1 オムラビル302号
TEL:044-711-1623
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆