• mixiチェック

頭に圧迫感があり思考力、集中力が鈍くなっている70代婦人

■2018/05/24 頭に圧迫感があり思考力、集中力が鈍くなっている70代婦人
この婦人は月に一回の割で

来院されている方です。

この頃、気温差が激しく変化するせいか

慢性疲労状態になり

身体が重くて仕方がないのだが

それよりも、頭の方がもっと重く感じるし

脳に何かが入り込んだように

”もわーん”としていて、

集中力がなく

考えることができなくなっていると言われる。


これは典型的な脳脊髄液が

溜まり過ぎている現象である。


まずベッドに俯せになっていただき、

骨盤調正と脊椎調正をする。

それから仰向けになっていただき、

彼女の頭上に私が座り

頭をそっと持ち上げてみると


究極の重さである。

頭蓋骨も膨らんでかなり大きくなっている。


頭蓋骨は呼吸をしている。


特に後頭骨と蝶形骨が行う呼吸が

(新陳代謝によって、

栄養分が使われてしまった)

脳脊髄液の排出をしているのだが、


頭蓋骨が歪み

後頭骨と蝶形骨に

捩れが生じていると

上手くかみあわなくなり

脊髄液の排出の効率が

悪くなってしまう。


使われて栄養分のなくなった脊髄液が

まだ多く残っているところに、

新しく作られた物が

入って来ると


脊髄液の全体量が増える。


頭蓋骨は内側から

広げられて膨らみ

脳自身は逆の圧力を受けることになる。


しかも栄養分が薄まり

質の悪い脊髄液となっているので

脳の栄養分の取り入れ効率が

極端に悪くなる。

それで、機能低下を起こすのである。


質の悪くなった脳脊髄液を排出して

新しい物に入れ替えれば

脳は回復する。


それを行うのが

脳脊髄液調整なのである。



ただ頭蓋骨を手で締め付けるだけでも

ある程度の脳脊髄液の排出は

出来るのだが

それだけでは大した効果はない。


後頭骨と蝶形骨の歪みを正確に

調正する事が根本的なのである。


この二つが正しく調正されると

頭の軽くなる度合いが

まるで違う。


急に頭が軽くなり、スカッとするのである。


この婦人も「もわーん」していた物が

消失したことが

よく分かったようだ。


施術が終わると

表情が穏やかになり、

声も優しくなっておられる。


「何か楽になったー」

と背伸びをされながら仰る。

「来てよかったー」とも。


最近、”体の疲れは脳の疲れである”

という本が出版されているが

この婦人もまさに、脳が解放されて

身体も楽になられたようだ。


しかし、

“体の疲れは脳の疲れである”という本は

呼吸法とか瞑想を勧めており

とにかく、脳を休めよう

という考え方である。



脳脊髄液の量と質による

脳のダメージについては

この著者はご存知ないようだ。



































◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
新生院
http://www.konpon-seitai.com
住所:〒211-0063 神奈川県川崎市
中原区小杉町3-432-1 オムラビル302号
TEL:044-711-1623
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆