• mixiチェック

排尿時に膀胱が痛むという30代女性

■2018/03/28 排尿時に膀胱が痛むという30代女性
この女性は3~4ヵ月に1回ぐらいの割で通院されている方である。

今回は頭がふらつくのと、排尿時に膀胱が痛む感じがするという。

ベッドに座っていただき、

骨盤、背中、肩、首を触って確認すると、

全てが硬い。

ベッドに俯せになっていただき、

背中を診てみる。


腰も異様に硬縮していた。

それには左右の肋骨を上げる手技で対応する。

頸椎上部のある部分を刺激するのである。

そうすると腰、肩が急に柔らかくなり

骨盤もいい方向に変化した。


腰椎4・5番を矯正して、

どの様に膀胱に影響がいったか

ベッドから降りて確認していただく。

膀胱の痛みが半減したと言われる。


今度はベッドに仰向けになっていただき、

頭の重さを見てみるとかなりの重さである。

それでふらつくわけだ。


頭は確認するにとどめ

次にお腹に触ってみる。

お腹がすごく張って膨らんでいる。

2日前にコーラックを服用して大便を

出したと言われるが、

腹腔内にはガスが充満して膨らんでいる。


小腸、回盲部、大腸
(上行結腸、横行結腸、下向結腸)
S字結腸、直腸へと
押圧を順々に繰り返す。

何度かそれを繰り返しているうちに

お腹の張りが取れて柔らかくなってきた。

「膀胱の痛みが取れましたね」と本人。


仰向けのまま、骨盤の矯正、大腰筋のリリースをする。

それから頭の重さを見てみると

かなり軽くなっていた。

最後にベッドに座り頸椎の矯正をして終わる。


「身体に圧迫を受けていた

感じがなくなり、楽になりました」

と来られた時とはうって変わり、

背負っていた荷物を降ろしたように、

くつろぎ、和らいだ表情です。

翳りのあった皮膚に透明感さえ出てきています。



彼女の今回の不調の原因は

便秘と言えるでしょう。

そのガスが腹腔内に充満して

膀胱に悪影響を及ぼし

排尿時の違和感となっていたのでしょう。

お腹のマッサージによって張りがなくなった時、

頭の重さも解消していたので、

ふらつきさえも

これが原因であったようです。



便秘の女性はかなり多い。

西洋医学的考え方は便秘薬で対処しますが、

もっと根本的に解決する方法を

真剣に探究する必要があります。


便秘は大腸よりも小腸に本当の原因があり、

小腸が綺麗で生き生きとしている

ことこそ健康の原点なのであります。





















◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
新生院
http://www.konpon-seitai.com
住所:〒211-0063 神奈川県川崎市
中原区小杉町3-432-1 オムラビル302号
TEL:044-711-1623
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆