• mixiチェック

左手の第1指~3指が痺れる頸椎ヘルニアの40代女性

■2017/12/25 左手の第1指~3指が痺れる頸椎ヘルニアの40代女性
この女性は、十代から首、肩が凝りやすかったのだが、
1年以上前から左手の第1指~3指までが痺れるようになり、整形外科に行くことに。

レントゲン、MRI検査をした結果、頸椎ヘルニアと診断された。

まだ手術をするまでは悪化してないらしく、痺れに効くという内服薬を処方されたのみであった。

体の方面から治す具体的な手立ては何もなかったのである。

薬だけで本当に治るの?と思いながら、数ヶ月間真面目に飲み続けてはみた。

しかし、疑問を感じた通り一向に効果がなかった。

それで、ヘルニアに対応している治療院を、
ネットで探しに探し、
当院のHPを見つけられたという。


早速ベッドに俯せになっていただき、体を診てみる。

背骨に側湾症がある。

側湾症があると脊椎に複雑な捩れが生じるので、体に起きる様々な症状が、普通の人よりも治りにくくなる。

骨盤も捩れ、肩も傾き、捩れがある。
頸椎も曲がり、頭蓋骨も捩れている。

これは、なかなか厄介そうな体の状態である。

指の痺れの状態から推測すると、頸椎の6~7番の椎間板ヘルニアというよりは、ズレが原因である。

触ってみると、確かに頸椎6~7番が横に出ているのがわかる。

短絡的に考えると、この部分だけを矯正すれば良いことになるが、

それでは瞬間的な効果しかなく、直ぐに戻ってしまう。

体全体から正さないと本質的な改善には繋がらないのである。


とにかく初回は、首だけではなく、足首から、頭蓋骨まで全体を矯正をして終える。

一発で改善できる症状でないので、週に一回の割で通っていただくことにする。


4回目の時、彼女がスッキリとした表情で来院されたと思ったら、
「痺れがなくなりました」
と言われる。

笑顔も出るようになっているのが分かる。

1年以上も治るのかどうか分からない不安感を、抱いて来られたのだから、よほど嬉しかったのでしょう。

「それは良かった」と私。

痺れはなくなったといっても、側湾症がある為、こういった症状は戻りやすい。

安定するまで、しばらく隔週で通っていただくことにした。



















◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
新生院
http://www.konpon-seitai.com
住所:〒211-0063 神奈川県川崎市
中原区小杉町3-432-1 オムラビル302号
TEL:044-711-1623
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆