• mixiチェック

顔面矯正で小顔になり、法令線も薄くなった70代婦人

■2017/12/20 顔面矯正で小顔になり、法令線も薄くなった70代婦人
この婦人は、膝が悪くて通っておられる方である。

半年前に右膝を手術され、
「反対側の左膝は絶対に手術をしたくない」と言われ予防のため、1週間に1回当院に通われておられるのだが、

実は、手術する前までが大変な状況であったのだ。


長年の膝痛に治そうと、

整形外科へ真面目に通い続け、

水を限りなく抜いてこられたのが災いとなった。

炎症が悪化の一途を辿っていたのである。

整形外科の医者は膝に水が溜まれば、

「はい抜きましょ」

という軽い感覚でいくらでも抜く。


手術をしてもらう病院が決定して、その病院で診察を受けた際、

「水を抜き過ぎて来た為に、

この膝は最悪の状態になっている。

もうこれ以上は水は抜いてはいけない、

痛み止め薬を飲んで手術まで我慢するように」
と宣言されたという。


大変なことに手術が直ぐにしてもらえなくて、4ヶ月も先のことなのであった。

右膝から大腿部までパンパンに腫上がり、

余りにも痛過ぎて、

昼も夜も眠れないのである。

横になっても痛いし、坐っていても痛い。

歩いても痛いし、じっとしていても痛い。

だから、50m先のスーパーにさえ買い物に行けない。

という地獄のような苦しみを何とかして欲しいと言って当院に来られたのである。

「手術までの4ヶ月間、この痛みを軽くしていただけないでしょうか?」と言われる。

「楽になりますよ」と私。

「でも、これぐらいひどいと、1週間に2回通われる必要があります」と私が言うと、

「3回来ます」余程の痛みなのでしょう。そう仰る。

その日から1週間に3回通院され、

2~3週間経つと、かなり痛みが治まり夜も眠れるようになった。

そして3か月後には、病院の定期検診に於いて、

手術を延期しましょうか。

と言われるまでに回復したのですが、

軟骨が減り過ぎているのを考え、

予定通り手術をされたのでした。

手術後何ヶ月も経って、最近はもう杖が必要がない程に回復されておられます。


一ヶ月ぐらい前、施術中に「この頃、下の顎が前に出てきているようで、
何とかなりませんか?」と言われるので、

顔面矯正を始めることに、

2週間経ち、
「友達から小顔になったね」と言われたという。

3週間目で
「法令線が薄くなってきています。ぜひ顔を毎回お願いします」と大変喜んでおられます。


この頃顔面矯正を願われる方が増えてきていますが、
まずまずの結果が出るので、皆さんに喜んでいただいています。


この婦人は、益々膝が回復されて、
この前には実家の神戸まで帰って来られました。











◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
新生院
http://www.konpon-seitai.com
住所:〒211-0063 神奈川県川崎市
中原区小杉町3-432-1 オムラビル302号
TEL:044-711-1623
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆