• mixiチェック

左腰の痛みと左鼠径ヘルニアが気になる70代男性

■2017/11/03 左腰の痛みと左鼠径ヘルニアが気になる70代男性
この前、日本を襲った台風21号のせいで、
庭に吹き溜まった葉っぱ類の掃除をしていて、腰を痛めてしまったこの男性は、
ゴルフの大会が3日後にあるので、何とかして欲しいと言って来院された。

その他、時々腸が出てくる左側の鼠径ヘルニアも気になっている。

お医者さんは「時々のことだから手術する必要はない」と言っているらしい。

鼠径ヘルニアとは、鼠径靭帯の間から小腸がはみ出してくることをいう。

鼠径部周りを触ってみると、右側より、左側の大腿四頭筋等の起始部が圧倒的に硬い。

この靭帯に接している硬い起始部を柔軟にさえすれば、ヘルニアに効果がある。

起始部は4本の指先を、程よい力で押し当てているだけで柔らかくなる。

強く指圧するのは、決して良くない。

内側の内転筋、後ろ側のハムストリングの起始部もそうする。

これで鼠径部周りと、大腿部がかなり柔らかくなった。
おそらく小腸がはみ出すことは、硬くならない限り、もうないだろう。


さて、3日後にゴルフが控えている肝心な腰だが、

まず腰椎の矯正を何度も繰り返し、しっかりと正す。

この腰椎矯正の正確さがカギを握っているのだ。

その後、骨盤矯正をして終わりにする。

ベッドから降り立ったその男性は、腰を捻ったり、膝を上げたり、色々確かめている。
「うん、全く違和感がありませんな。これでゴルフは大丈夫そうだ」とニヤリと笑う。


この頃、脊椎矯正が非常に大事だと思う。

千葉に脊椎矯正だけの整体でやっている有名なお爺さん先生がいると聞くが、それだけで全ての不定愁訴を改善させるという。

大したものだ。

私も、痛みが少なく、より効果的な矯正の仕方を開発すべく、毎日試行錯誤を繰り返しています。


















◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
新生院
http://www.konpon-seitai.com
住所:〒211-0063 神奈川県川崎市
中原区小杉町3-432-1 オムラビル302号
TEL:044-711-1623
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆