• mixiチェック

10年来の顎関節症を改善したい30代前半の男性

■2017/08/17 10年来の顎関節症を改善したい30代前半の男性
10年ぐらい前に顎関節症になり、当時に口腔外科でマウスピースを作ったが、改善効果は全く感じられなかった。

それ以来、2~3ヶ所の口腔外科に行ったけれど、することは皆同じ。
結果も同じであった。

右顎が鳴るだけで痛みがないことから、もう諦めていたという。

ネットでたまたま当院のHPを見つけて、本当に整体で顎関節症が改善できるのだろうか?と半信半疑ながら来院されたのだ。

座ったまま、望診してみる。

頭が右に傾いており、右肩が下がっている。

こうなると、右寛骨が後傾して側方傾斜している筈である。

顎関節症は頸椎一番が右の下顎を押しているから、起きているのだが、それだけを矯正してもすぐ元に戻ってしまう。
骨盤、肋骨、肩の歪みという原因があって、頸椎一番がズレているからです。

嚙みしめを考えると足首から矯正をするが、今回はそれを考慮せず、右寛骨の後傾と側方傾斜から矯正を始める。

それが終わって、下がっている肋骨を上げて肩の高さを揃える。

もうこれで曲がっていた首は真っ直ぐになっている。
次に、矯正がしやすくなっている頸椎一番を正す。

これでOKである。

男性に下顎を動かしていただく。

「全く音がしなくなりました。
凝っていた首、肩、腰も楽になっています。

何よりも、顎関節症が整体で簡単に改善されてしまうとは、考えもしませんでした」
と驚きを隠せないようです。

顎関節症は骨の歪みが原因で起きるわけですから、骨の事を全く考えもしない西洋医学では治る筈がありません。

むしろ、骨に関しての専門である整体でしか改善できない症状であると言えるわけです。












◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
新生院
http://www.konpon-seitai.com
住所:〒211-0063 神奈川県川崎市
中原区小杉町3-432-1 オムラビル302号
TEL:044-711-1623
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆