• mixiチェック

腱鞘炎が何処へ行っても治らないと言って来院された婦人

■2017/06/02 腱鞘炎が何処へ行っても治らないと言って来院された婦人
紹介で来られたこの40代後半の女性は、右手の腱鞘炎で病院に暫く通ったのだが、手根管に打つ注射療法をしてもらっても全然改善しなかった。

それで今度は接骨院にも通い、電気をかけてもらったりしたが何の効果もない。

カイロプラクティック、整体にも通ってみた。
しかし少し良くなっても仕事をすると直ぐ元に戻ってしまうのである。

そうこうしているうちに一年間も経ってしまった。

パートでの組み立て作業とか、また家事をするにも親指がいつも痛くて大変だという。

親指が痛くて動きにくい場合、大抵親指の中手骨の根本にある(手根骨の)”大菱形骨”が位置異常を起こしている。

この女性の右手を触診してみると、やはり”大菱形骨”が内側に寄っているのが分かる。

その”大菱形骨”を私の親指と人差し指で挟み、20秒ぐらいかけて正しい位置に矯正をする。

これで親指を動かしていただく。

こんな簡単な施術で?という訝しげな雰囲気が見てとれる。

ところが親指を動かしてみると「親指が大きく開くし、痛くない!」とハッと驚いた表情。
「今まで色んな所へ行ったけれど、この部分にこんなふうに触られたのは初めてです」と何度も親指を動かしている。

でも、これで終わったらいけない。

親指を動かす橈骨周りの伸筋、屈筋群が必ず硬くなっているので、それを緩める必要がある。

これもマッサージだけでは、ただ痛いだけであまり効果がないので、当院独自の緩め方をする。

マッサージよりは痛みが少ないしダメージも軽い。
(ということは、どうしても多少の痛みは伴うということです)


腱鞘炎の場合、手根管に注射をすると痛みが無くなる事もありますが、それでは一番の根本原因である手根骨の位置異常は正せません。

手根骨の位置異常を的確に矯正をして、腕の指を動かす伸筋、屈筋群を緩める施術をすることこそ根本的な改善法なのであります。

ただ、発症して一年も経っていますから、何回か施術する必要があります。





















◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
新生院
http://www.konpon-seitai.com
住所:〒211-0063 神奈川県川崎市
中原区小杉町3-432-1 オムラビル302号
TEL:044-711-1623
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆