• mixiチェック

ギックリ腰が悪化して傘を杖代わりにして来られた婦人

■2017/05/24 ギックリ腰が悪化して傘を杖代わりにして来られた婦人
この30代後半の婦人はギックリ腰になったので、紹介で当院に連絡して来られたのだが、本人とこちらのスケジュールが合わなくて5日後の予約になってしまいました。

早く少しでも楽になりたかったのでしょう。それで近所の接骨院に行くことに、
2日続けて通い、全く改善しないので3日目は別の接骨院に行く。
そうしたら今度は余計痛くなってしまったという。

次に、4日目は骨を鳴らすカイロプラクティックに行ったところ、帰りには杖なしでは歩けなくなってしまい、最悪の事態に陥ったのでした。

本当に治療院はよく選ばないといけません。


ご主人が付き添って、来院されたのですが、腰に重心が掛からないので、頼っている傘に震えるほど力がこもっています。
ゆっくりと歩く姿も痛々しい。

「これなら、何もせず寝て待っていた方が良かった」と呟いておられる。

とにかく、ベッドに俯せになっていただく。
骨盤を診てみると、右側の寛骨が4㎝も下がっている。
普通ギックリ腰で来られる人が3㎝ぐらいだから、かなりひどい状態である。

まず骨盤のこの左右差を正さないと何も改善しないのに、これを知っている施術師が意外と少ないのだ。

ギックリ腰になると、腰の脊柱起立筋とか腰方形筋が硬く張ってしまう。
経験の浅い先生達は、この張りに目が行ってしまい、そこばかり一生懸命揉みほぐそうとする。

これはしてはならない施術で、良くなるどころか逆に悪化させてしまうのだ。

トンカチで腰椎五番を叩く。
これで下がっていた右寛骨が左と同じ高さに揃ってくる。
後はお腹側から左右の大腰筋のリリースをして、その他足首、手首の矯正をした。

ちょっと簡単に見えるが、余りにも状態がひどくなっているので、重要なポイントだけを施術して終わりにする。

 【4日後に普通に歩いて来院される】
「2日したら、随分楽になりました」と言って、
予約をされた、4日後に普通に歩いて来られましたので、今回は一通りの施術をする。

 【一週間後に僅かに痛みが残っているのを調整】
それからまた一週間後に、
「まだ少し痛みが残っています」と言いながら3回目の来院をされましたので、全身の施術をしました。

おそらくこれでしばらくは大丈夫でしょう。

最悪のギックリ腰になると、どうしても3~5回程度の施術が必要になってしまいますね。














◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
新生院
http://www.konpon-seitai.com
住所:〒211-0063 神奈川県川崎市
中原区小杉町3-432-1 オムラビル302号
TEL:044-711-1623
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆