• mixiチェック

偏頭痛が3日間続き来院された30代前半の女性

■2017/05/15 偏頭痛が3日間続き来院された30代前半の女性
半年以上前に一回来られた女性である。

左側の側頭部が偏頭痛になって、もう三日目になり薬も効かず大変だったようだ。

座ってお話しを聞きながら肩の高さを見ていると、左側がかなり低いし、広くなっている。

これが原因である。
左肩が広い為に首筋が伸ばされて張り、頭蓋骨も引っ張られるので、左に傾くことになる。
それで偏頭痛が起きているのだ。

ベッドに俯せになっていただき、骨盤の矯正をするが、その前に左側の肋骨の十二番と、左側の腸骨稜の間隔が狭くなっているので、腰方形筋と腹斜筋、腹横筋を緩めないといけない。
これをするか、しないかで骨盤矯正の効き目が全く違ってくるのだ。

今度は仰向けになっていただき、下がっている左側の肋骨を上げる。
これは大腸の左結腸曲を、癒着している横隔膜からリリースすることである。

そうすると、左側の肋骨全体が上がることになる。

これで身体全体の基本的歪みを取った。

それから脳脊髄液調整である。
重かった頭が軽くなった時、偏頭痛は殆ど消失している。

「頭が軽くなって、痛みがありません」と感動された様子です。


この方は”左側の肋骨の下がり”が、全ての不調の原因です。

普段、頭痛がないとしても肩、首が張っていつも辛いはずです。

時々矯正に来られて、身体の歪みの癖と言える、この”こんぽん原因”を改善していかれたら、常に快適な生活を送っていけることでしょう。










◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
新生院
http://www.konpon-seitai.com
住所:〒211-0063 神奈川県川崎市
中原区小杉町3-432-1 オムラビル302号
TEL:044-711-1623
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆