• mixiチェック

胃の調子が悪くなると、不整脈が起きる60代の婦人

■2017/05/06 胃の調子が悪くなると、不整脈が起きる60代の婦人
最近動悸、不整脈を訴えて来られる方が増えています。
私のブログによく書かれているので、ご覧になっている方々が、意外とおられるのでしょう。

この60代の婦人もそうなのだが、変わっているのは、”胃の調子が悪くなると不整脈になる”ということだ。

お医者さんにこの事を相談すると、「あり得ない」と即座に否定されたらしい。

この婦人は若い頃から、胃の調子が悪く40数年間も胃薬を飲んで来ている。

ベッドに仰向けになっていただいてお腹を触診してみる。

予想はしていたのだが、胃の位置が鳩尾のところまで、極端に上がっている。
消化不良になると、胃の中に残っている内容物からガスが発生する。
そのガスが溜まると、風船のように胃が浮き上がってしまうのだ。
胃の上端は左側の横隔膜まで達しているので、横隔膜を押し上げることになる。

それが横隔膜の上にある心臓に悪影響を及ぼすのである。
(この時、胸やけも起きているので、胸やけがあり心臓に異常があるとするなら、それは胃の浮き上がりが原因なのです)

今時のお医者さんは、こういう解釈ができないので、胃の調子が悪くなると、不整脈が起きると訴えても無駄なのである。


さて、この婦人だが、まず胃を下げなけばならない。
次に十二指腸を緩める。ここに留まっている内容物を流してから胃に移らなければならないのである。

胃を緩めた後、小腸、そして大腸を緩める。
それからポッコリお腹のために門脈流しをする。

これが内臓調整の一部です。

この後、体全体の整体をして終りにする。

一週間経って来院された時、「不整脈が随分楽になっています。知り合いの漢方薬剤師に、胃が浮き上がっている事を話したら、”それはありうることですよ”と返答されました」と平安な表情で話しておられました。















◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
新生院
http://www.konpon-seitai.com
住所:〒211-0063 神奈川県川崎市
中原区小杉町3-432-1 オムラビル302号
TEL:044-711-1623
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆