• mixiチェック

偏頭痛で脳脊髄液調整を受けに来る高校生

■2017/03/22 偏頭痛で脳脊髄液調整を受けに来る高校生
高校3年生で4月からは大学生になる。
彼は小学生時代から来始めていたので、かれこれ6年ぐらいになると記憶している。

体が結構歪んでいるのに野球、テニスをやっている。
だから背中、腰、肩、首をよく痛める。
痛める度に施術を受けに来ていたのだが、2~3年前に頭痛持ちだと言うので脳脊髄液調整をしてあげたら、その改善度にビックリして、頭痛が酷くなるとすぐ来るようになったのだ。

今回も勿論脳脊髄液調整が目的だが、左腰も痛いという。
診てみると、左寛骨が上がっていて脊柱起立筋と腰方形筋が縮み、後方にかなり出っ張っている。
これでは座っていてもかなり辛いだろう。
左寛骨が上がっているのを矯正することで、起立筋と腰方形筋の張りが改善された。

それから脳脊髄液調整をする。
脳脊髄液が溜まる理由は、蝶形骨と後頭骨の関節(蝶形後頭軟骨結節)にガタがある為、頭蓋骨が呼吸をしても漏れてしまうからである。
頸椎一番を正してから、そのガタを考慮しながら矯正していると頭が軽くなるのを感じる。
これで終了である。

「スッキリしました」
礼儀正しく挨拶をして彼は帰って行きましたが。小学生時代を思うと、体だけでなく心も随分成長したのだなと感慨深いものがある。






◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
新生院
http://www.konpon-seitai.com
住所:〒211-0063 神奈川県川崎市
中原区小杉町3-432-1 オムラビル302号
TEL:044-711-1623
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆