• mixiチェック

ジムで鍛え過ぎて首、肩、腕、背中が痛む40代の女性

■2017/03/15 ジムで鍛え過ぎて首、肩、腕、背中が痛む40代の女性
女性専門のジムがある。
筋肉を付ければエネルギーを消費するので瘦せられますよ!というキャッチフレーズの所だ。
TVでも宣伝をしている。

確かにそうなのだが、女性は簡単に筋肉は付かない。
付けようとするなら、相当に鍛えなければならない。
まだ若ければいいのだが、ある程度の年になると老廃物が溜まる一方になり疲れ果ててしまう。
鍛えようとすることが逆効果になるのだ。

だから次第に休み勝ちになり、結局ジムをやめる人が多いと聞く。

また歪んだ体の人が鍛えると歪みが益々ひどくなる。

特に側湾症の人はそうである。

ヨガでもそうだ。ある側湾症の主婦が体験教室でヨガをやり、背中を痛めて私の所へ来たことがある。

また、若い人でも、鍛えすぎると故障が多くなる。
筋肉は縮む力なので、いくらストレッチをして伸ばしてもダメなのだ。

一流のアスリートとか、プロの野球選手達でも、筋肉を付け過ぎて成績が悪くなったり、故障する者も多い。

プロ野球のある投手がライバルが出てきたので、球を速くしようとしてオフシーズン中に筋肉を付けた。

立派な体つきになったが、本番のシーズンで肘を痛めることになり、その年を棒に振ってしまった。

これはパリーグにいた超有名な投手のことだ。
今は大リーグにいる。

同じ大リーグでもイチローは故障をしない。彼は筋肉を付けようとしないからだ。

そんなわけで、筋肉はむしろ邪魔なものと言える。

だから絶対に鍛えようとはしないこと。筋肉は少なくても全く大丈夫。

使うだけでいいのだ。だから繰り返す運動は回数を少なくしよう。5~6回もすればいい。
何十回もしてはいけない。

で、来院された女性だが、やはり側湾症がある。
だから鍛えてはならない。鍛えたために歪みがひどくなっている。
瘦せたいために、機械を使って反復運動を一生懸命繰り返したようだ。
(大体、私から見て瘦せる必要のある体に見えないのだが、、、)

体全体の整体をしてあげて帰っていただいたが、
もし歪みが少ないと思われる方でも、運動は6割ぐらいの軽めの量と力で致しましょう。









◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
新生院
http://www.konpon-seitai.com
住所:〒211-0063 神奈川県川崎市
中原区小杉町3-432-1 オムラビル302号
TEL:044-711-1623
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆