• mixiチェック

脳脊髄液調整は、鬱の治療に不可欠?

■2017/01/28 脳脊髄液調整は、鬱の治療に不可欠?
この前1月18日に書いたブログに、鬱だった方のことを書きましたが、その方がまた来院され、語られた内容に面白いものがありました。

「新宿の溝口クリニックと、トーキョウDDクリニックのHPを調べていたら、二つ共、先生がしてくださる頭蓋骨矯正もやっているのよね。鬱の治療法に、頭蓋骨矯正が絶対に不可欠なんだ」と、今回はこんなことをおっしゃる。

ここで二つのクリニックの説明を簡単にしておこう。
いずれも精神科でもないのに、鬱の治療をしていて人気の高い病院である。
ただ、保険がきかず法外な治療費が、かかるとか色んな中傷、批判がある。

[溝口クリニック」
栄養療法の病院で、血液検査項目が一般の2倍もあり、栄養分の不足が病気の原因という理論。
鬱も小腸に於いて、セロトニンを作る為の栄養素が不足しているからという。

精神科に失望した鬱の人達が、全国から大勢集まって来ているらしい。

[トウキョウDDクリニック]
”大ウソ医学にだまされない極意”他、今の医学の疑問点を暴く本を、何冊も書いている内海聡先生のクリニック。
特に精神科に対して鋭く抉る本が多い。

内科だが鬱の患者さんを多くだかえている。

  
さて。
彼女の事です。
鬱の酷かった頃はただ寝ているだけで、何もできなかったのだが、今は家事だけでなく、本も読むし、パソコンも使いこなしているのだ。
車で買い物までしている。
もう回復したと言ってよい。

またTVでの健康法の番組もよく見ていて、「今、”骨盤矯正の最先端といって、中殿筋を緩める”というのをやっていたけれど、先生は、私が来た時からとっくにやっていたものね」

何せ30軒以上も、治してくれる治療院を探し求めてきただけに、私が説明しなくても、治療法に随分詳しくなっておられる。
(そのTVで放送していた内容についてだが、中殿筋を緩めるのと、他にもやらないといけない技があるのだが、やっていたかどうか、、、?)

彼女の言う、二つのクリニックがしている頭蓋骨矯正は、脳脊髄液調整を意味している。

やはり栄養療法だけでなく、脳脊髄液調整を加えなければならない重要性に、気づいているのだろう。

ただカリスマ的整体師を雇える筈がないから、どこかで学んできたスタッフに頭蓋骨矯正を担当させているのだろう。
それで、脳脊髄液調整と呼ばず、頭蓋骨矯正と呼んでいるのだ。
この呼び方ひとつで専門の技術レベルまでは、至っていないなと感じる。

脳脊髄液調整法は整体の専門分野だし、それも奥義の領域だから、殆どの整体師でもできないのに、他の分野から参入してきて、ちょっと学んだ程度で、簡単に体得できる筈がありません。
だから脳脊髄液の調整する能力は、まだまだだと思われますね。


私は、当院に来られた患者さんの殆どに脳脊髄液調整を施していますが、鬱の方の頭は極端に重いし、なかなか軽くなりにくいのが特徴です。
それでも続けて施術していくうちに、徐々に軽くなっていくのです。
現に、この彼女がそのようにして軽くなってきたのです。

彼女は、とても叡智のある人で、閃きとその方向性の鋭さにいつも感心している。

「先生には、一生、お世話になりますから、体が元気でいていただかないと」と言ってくださるが、ずーと来てくれるとしたら、
私が気づかないような色々な情報を、これからも提供してくれることだろう。
ありがたい。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
新生院
http://www.konpon-seitai.com
住所:〒211-0063 神奈川県川崎市
中原区小杉町3-432-1 オムラビル302号
TEL:044-711-1623
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆