• mixiチェック

脳脊髄液調整って何?

■2017/01/20 脳脊髄液調整って何?
ドライアイ、眼精疲労、目のショボショボ感で来院された方が、HPをご覧になって、「脳脊髄液調整とは初めて聞いたけれど、いったい何なんでしょう」とおっしゃる。

脳脊髄液とは脳の周りを覆っている髄液です。脳の下に脳室と呼ばれる空洞があって、そこで血液を原料にして作られています。
作る量は1日、450~500ccぐらいです。

  [脳脊髄液が必要な理由]
・ 脳をショックから守る。
・ 酸素、糖分その他栄養素の新陳代謝の為。

脳は新鮮で豊富な栄養素を求めています。だから、できるだけ新陳代謝した後の古い脊髄液を排出して、新しい脊髄液に入れ替えをしなければなりません。

ところが、この排出が上手くいっていないことが多いのです。

髄液の排出は、くも膜下顆粒(絨毛)からされますが、頭蓋骨の呼吸の手助けが必要なのです。
呼吸が上手くいかない理由は、頭蓋骨の歪みとか頭皮が硬いからです。
その為に動きがスムーズにいかないのです。

排出され切っていない脊髄液に新しく作られた物が入ってきたら、どうなるでしょうか?
脳の機能が発揮できにくくなります。なぜか?

・ 非常に質の悪い脊髄液になる。
 (栄養分がなくなった古いものと、新しい物が混    
  ざるので、栄養分が薄い物になる)       
・ 脊髄液量が増えすぎるので頭が重くなる。
・ 頭蓋骨が膨らみ、逆に脳を圧迫する。
溜まれば溜まる程、脳の働きが悪くなり、ひどくなると体が動かなくなります。

その溜まり過ぎた脊髄液を、頭蓋骨に触りながら適正量に調整していく手技を脳脊髄液調整といいます。

   [どんな効能があるのか?]
慢性疲労、頭痛、偏頭痛、眼精疲労、ドライアイ、
目のショボつき、めまい、ふらつき、頭が重い等
に効果があり、非常にスッキリします。


普通、体が疲れたら睡眠をとれば治りますが、充分に眠っても疲れが取れない、それを慢性疲労といいます。最近はそういう人が増えています。
何をしても治らない慢性疲労!
その原因の一つに脳脊髄液過多が考えられるのです。


この頃は頭の重い方が多く、来院される方々にこの施術をやって差し上げていますが、皆様に大変喜ばれています。
整体プラス脳脊髄液調整によって、体のスッキリ度が格段に違うものになるからなのです。  















◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
新生院
http://www.konpon-seitai.com
住所:〒211-0063 神奈川県川崎市
中原区小杉町3-432-1 オムラビル302号
TEL:044-711-1623
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆