• mixiチェック

肋骨が骨折した為に、朝起きるのが大変で。

■2016/12/29 肋骨が骨折した為に、朝起きるのが大変で。
忘年会で酔って帰宅した時、家の中が真っ暗だったので、転んでしまったという。

整形外科のレントゲン検査の結果、肋骨の7,8番が骨折していた。
本人も確認したが、7番の折れた部分がかなりズレていたという。
整形外科では、大きくズレていても揃えようとはしない、何もせず、大きななコルセットと湿布、痛み止めを処方されただけだ。

呼吸も辛いが、朝起きる時が痛くてたまらないという。
何よりもズレている第7肋骨を揃えないと治りが遅くなる。ズレたままだとくっつきにくいので、一か月で治る筈がその倍ぐらいかかる場合がある。
それと形が悪くなるので、その後、体全体に悪影響を及ぼすことになる。

そのズレを正し、ハンドパワーを入れる。
骨折の痛みには、ハンドパワーを入れると痛みが半減して、回復が早くなるのだ。

施術が終わると、
「痛みが楽になりました。ベッドから降りる時も、歩くのも随分楽になっています」と、安堵の表情である。
「来た時は、上半身をできるだけ動かさないように固まった状態で、ゆっくりとしか歩けなかったのが、今は、普通に近い感じで歩けます」

私から見ても、明らかに柔軟度のある歩き方に変化しておられた。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
新生院
http://www.konpon-seitai.com
住所:〒211-0063 神奈川県川崎市
中原区小杉町3-432-1 オムラビル302号
TEL:044-711-1623
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆