• mixiチェック

古い捻挫の後遺症で、長く歩くと足首が痛む方

■2016/12/28 古い捻挫の後遺症で、長く歩くと足首が痛む方
6年前に足首を捻挫をして以来、「長く歩くと痛むし、正座ができない。また今回は腰まで痛くなった」と、冴えない表情で来院される。
その時は勿論、整形外科へは治療に通ったのだが、結果は思わしくなかったようだ。

痛いという右足首を診てみると、足根骨の距骨が高くなっている。
足首の痛む原因は、距骨の浮きによる場合が多い。

これを矯正をして、次に骨盤の矯正をする。

さらに左肩が痛く、首も痛いし、頭痛までもするというので、頸椎の矯正をして、脳脊髄液調整をする。

さて、この左肩の痛みは、鎖骨が伸びているので、何かを取るために、左腕をぐっーと伸ばしたことがあるに違いない。本人に訊ねると「思い当たるふしがある」という。

鎖骨の矯正も意外と簡単で、左右を同じような形に揃えれば良い。

20分ぐらいで施術は終わったが、全身が蘇られたようだ。
「視界が広くなって、明るくなりました」
束縛から解放され、帰っていかれましたが、スッキリとした笑顔が印象的でした。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
新生院
http://www.konpon-seitai.com
住所:〒211-0063 神奈川県川崎市
中原区小杉町3-432-1 オムラビル302号
TEL:044-711-1623
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆