• mixiチェック

左側の下腹部の痛み、生理痛、排卵痛を改善する

■2016/12/05 左側の下腹部の痛み、生理痛、排卵痛を改善する
これも何年かぶりに腰痛で来院された患者さんです。
勿論、腰痛を治したいのだが、左側の下腹部の痛みと生理痛、排卵痛、股関節の痛みに悩んでいるという。

病院には行ったが、レントゲン検査、血液検査の結果では、問題はないと言われたと。
結局、ロキソニンを処方されただけで、納得できる解答がなく、がっかりだったということです。

身体を触診してみると、左側の肋骨が、かなり下がっている。そうすると、左側の内臓全てが下がることになります。最下部にある卵巣は、より圧迫を受けるので、排卵の時に痛むわけです。(これを、そのままで放置すると、血行不良から卵巣嚢腫になる可能性が高い)

股関節痛は、鼠径部も圧迫を受けるので、当然、起こりうるのです。

もう一つ、大腰筋と腸骨筋の癒着もあり、内臓下垂による圧迫もあって、その部分が痛むわけです。私がそこを押すと、
「痛かったのは、そこです」と言われる。
ここは、癒着している場合が多いので、よくあるパターンである。

肋骨矯正で左側の肋骨を上げ、内臓も上げる。子宮も偏っていたのを正し、大腰筋と腸骨筋の癒着をリリースをする。

私の説明を聞き、理論的に納得された上に、実際に痛みが無くなったので、ずーっと不安であった思いがなくなられたようです。
「腑に落ちました」と、明るい表情で帰っていかれました。

今の医学は細分化され過ぎて、全体からの判断力を失っているようです。
木を見て森を見ず、部分だけ見ていると、原因まで推察するような、鋭敏さをを持たない先生が多くなりますね。
悪いと思われるところにより、本当の原因は、別の場所にあるもの、私は、いつもそういう視点で仕事をしています。

唯一、救急医療の先生達だけ、全体的に診て治療ができるので、的確な良い仕事をしておられるようです。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
新生院
http://www.konpon-seitai.com
住所:〒211-0063 神奈川県川崎市
中原区小杉町3-432-1 オムラビル302号
TEL:044-711-1623
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆