• mixiチェック

鬱にされる前に、鬱っぽい状態から脱出しよう!  

■2016/10/24 鬱にされる前に、鬱っぽい状態から脱出しよう!  
今、鬱で精神病院に通っている患者が、推定350万人いるという。なぜこんなにもいるのでしょうか?それには、多くしている原因があるのです。
そして、まだ病院に行ってない人はどれだけいるかは分かりませんが、相当数いると思われます。

そういう人は鬱っぽいのだけれど、鬱ではありません。

でも、病院に行けば、間違いなく鬱の診断が下されて、抗鬱剤を飲まされます。その抗鬱剤をしばらく飲み続けてしまうと、薬が切れたら、パニック障害になる、正に、ヤクなしでは生きていけない、正真正銘の鬱になってしまうのです。

「ハイ、一名様出来上がり」といったところでしょう。
鬱の製造元が精神病院です。調子よくドンドン製造しています。いつの間にか竹の子のように病院が増え続けながらも、どこも忙しくて絶好調です。
このように、鬱を増やしている原因は精神病院なのです。

病院に行って、言われるがままに、抗鬱剤を飲み続けてはなりません。脱出が大変になります。

前日書いた溝口クリニックは、鬱になってしまった患者さんまで、救う病院です。

でも、よくよく考えたら、金儲け主義の病院と製薬会社も悪いですが、何も考えず病院を信じ、言われた通りにして依存してしまう患者さんも、悪いと言わざるを得ません。

自分の症状に対して、色々な角度からよく調べ、病院にしても良心的な所を探すべきです。

鬱っぽくなるのは、セロトニンの減少にありますから、何度も書いているように、食べ物の質を考え、小腸の環境を整えることに尽きます。

神経伝達物質の原料であるアミノ酸は、できたら肉を食べ、ビタミンB6も必須です。小腸の善玉菌の為に、発酵食品を。それに膵臓を元気にする必要もあります。

もう一つ、非常に重要なポイントがあります。脳を健全にすることです。

鬱っぽい人の頭を触ると。すごく重くなっています。重いのは脳脊髄液の量が多いからです。それは新陳代謝した後の使用済み髄液と、新しい髄液が混じって、量が増えているのです。

古い髄液には酸素とか栄養分はなく、老廃物があります。新しい髄液にそれが混じれば、非常に質の悪い脳脊髄液になってしまいます。栄養分の交換の効率がとても悪い状態です。それに加えて脳にかなりの圧迫がかかっているのです。

脳が正常に機能できるはずがありません。
頭蓋骨矯正によって、髄液を排出すれば、適正量になりますし、新しい髄液のみになります。脳は健全になり、本来の働きを取り戻します。

脳と小腸は密接な関係があるという。この二つを健全にすれば、鬱っぽい状態から脱出できることは間違いなしです。

考え方を変えるだけでは脱出できません。神経伝達物質が思考のミナモトだからです。頭に浮かぶ想いは、マイナスの事ばかりです。

上に書いた内容を、実践しましょう。実践することしか方法はありません。

それと、決して精神病院には行ってはいけません。自分の正しい努力と、何を改善すべきか、何処へ行って何を治すべきかを、注意深く選択し、実践しましょう。


それから、脳脊髄液の過多は、鬱だけでなく、色々な不調の原因にもなりますので、(頭の軽い方はそれ程多くいません)当院では来院された時、ほとんどの患者さんの頭の重さを計り、重い人には頭蓋骨矯正をするようにしています。爽快な気分になれますよ。

お客様の声の中で、多くの方々が素晴らしさを述べておられます。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
新生院
http://www.konpon-seitai.com
住所:〒211-0063 神奈川県川崎市
中原区小杉町3-432-1 オムラビル302号
TEL:044-711-1623
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆