肋骨矯正 ・ 横隔膜調整  

両肩の高さが揃っている人はあまりいません。 ということはどちらかの肩が下がっているということです。 肩が下がれば、肋骨及び横隔膜が下がり、その下にある臓器群も全て下垂します。 位置異常に加え、それぞれの臓器が圧迫し合う為に血行不良となり、内臓の機能低下症が起きてきます

体がだるい、重い、疲れやすい、やる気がでない、などの症状は、年齢のせいだけでなく、内臓の機能が低下しているからです。 左右の肋骨、横隔膜を揃え、下がっている臓器を正してあげれば、段々と気力が戻り、活力が出てまいります。

Lungs fig 2

〈右側の臓器〉

  • 肺→呼吸、疲れ
  • 肝臓→疲れ
  • 胆嚢→消化不良
  • 膵臓→やる気がでない
  • 上向結腸→毒素がたまる
  • 右の卵巣→排卵痛
  • 盲腸→毒素がたまる
  • 腎臓、副腎→疲れ

〈左側の臓器〉

  • 肺→呼吸、疲れ
  • 心臓→不整脈
  • 脾臓→免疫力
  • 下向結腸→便秘
  • 左の卵巣→排卵痛
  • 腎臓・副腎→疲れ

肺と心臓は横隔膜の上にありますが、下垂の影響は受けます。 例えば、肺は息苦しい、深く息を吸えないなど、酸素の取り入れが少なくなるので、慢性の疲れにつながります。 心臓は動悸、息切れ、不整脈が起き、卵巣は2月1回の排卵痛、また嚢腫になる可能性があります。 子宮も真ん中の位置からズレますと、生理痛や不妊の原因の一つになります。

その他コリ・痛みについて

筋膜の縮みや、癒着が最近話題になっています。縮みを伸ばし、癒着をリリースすれば、マッサージするよりもずっと大きな効果が得られ、筋肉が柔らかくなります。 当院では筋膜のリリースを中心とした療法を行っています。

整体は幼児から

赤ちゃんは生まれながらに歪んでいる子はあまりいません。(出産時に生じる股関節脱臼。背骨が歪んでいて、体を反らそうとしている子。そういうケースはまれにあります。) 歪みは抱っこの仕方で生じます。

〈歪みが生じると・・・〉

  • 寝付きが悪い
  • (電車の中などで)よくぐずる
  • 便秘をする

などの症状ができます。

〈そのまま少し大きくなると・・・〉

  • ハイハイする時、片足を伸ばしている
  • 歩く時、体の傾きがひどい(O脚になります)
  • 歩くのを嫌がり、すぐ抱っこと言う

幼児の整体は簡単で、2~3分で済みますから、お母さんの施術と合わせて、無料でサービスしています。

幼児整体

不妊療法

不妊になる原因として

  1. 体力がない
  2. 子宮の変位
  3. ホルモンの異常

この3つが考えられます。

①体力に関しては、 整体をする。肝臓、脾臓、副腎などツボ刺激をして、元気が出るようにする。 ②子宮の変位に関しては、横隔膜調整から始め、内臓の位置を全て正しながら、子宮が中心にくるようにする ③ホルモンの異常に関しては、脳下垂体に働きかけ、ホルモンの分泌を良くする。

以上が整体的不妊療法になります。