• mixiチェック

左前頭部から側頭部にかけて違和感のある40代男性

■2018/05/12 左前頭部から側頭部にかけて違和感のある40代男性
この男性は前頭骨の左側から

側頭骨にかけて違和感があるという。


こういった症状を病院で訴えて

血液検査、MRIの検査をしてもらっても

検査結果が何も出る筈がない。


そうすると、打つ手が何もないので


”考え過ぎ”と診断され

心療内科へ回されるのがオチである。


そこで安定剤を処方され

継続して飲み続けたら

治す為に病院に行った筈なのに

いつの間にか薬の中毒になってしまう。


薬欲しさに

タチの悪い精神病院に

通いでもしたら

それこそ鬱への道を

まっしぐらに進むことになる。


安定剤とか向精神薬は

絶対に服用してはいけない。



この男性はやはり心療内科に回され

安定剤を服用する羽目になったが、


何か納得できないし、

医者は頼りにしない方がいいのではないかと思い

ネットでいろいろ探されたようだ。


当院のHPに出ている

脳脊髄液調整とは何であろう。

もしかすると効くのではないか

と関心を持たれて来院された。


その他に身体のバランスの悪さ

が気になると言われる。

確かに左肩が大きく下がり

首も頭蓋骨も傾いている。


早速ベッドに俯せになっていただき、

身体を診てみる。


骨盤の歪みがかなりひどい。

その為に背骨が湾曲しながら

ジグザグしている。


頸椎も湾曲し

頭蓋骨も歪んでいおり

左肩の前頭骨及び側頭骨が

膨らんでいる。


だから、この部分に

違和感を感じるのである。


それだけ確認して

矯正は骨盤から始める。


最近開発した

骨盤の内側(腸骨筋)を刺激する

方法をする。


これは寛骨の左右差を意外と簡単に

整えることができ

効果抜群の矯正法なのである。


次に脊椎矯正をしてから

肋骨矯正をする。


今度は、仰向けになっていただき、

頸椎矯正

頭蓋骨矯正をする。


蝶形骨と後頭骨を正せば

脳脊髄液調整もしやすくなり

膨らんだ部分がおさまっていく。


施術が終わると

頭部の違和感が和らいだと言われる。

頭部で起きる偏頭痛とか眼精疲労

顎関節症にしても、

首、頭だけで治そうとしても無理で

足首、骨盤、背骨、肋骨、肩、首

と順々に正していかなければならない。








◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
新生院
http://www.konpon-seitai.com
住所:〒211-0063 神奈川県川崎市
中原区小杉町3-432-1 オムラビル302号
TEL:044-711-1623
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆