• mixiチェック

ヘルニアで左脚の外側が痺れる30代半ばの女性

■2018/04/11 ヘルニアで左脚の外側が痺れる30代半ばの女性
この女性は時々来られる方で、

引っ越しをされて住所が遠くなったとは

聞いていました。


今回、腰が痛くなり、

左臀部からふくらはぎにかけて

痺れるようになったのだが、

自宅が遠くなったが為に、

当院に来るのが億劫になり

近くの整形外科へ行ったという。


さて、そこの整形外科は大層にもMRIまで撮り、

ヘルニアと診断されたのはいいが、

「これぐらいなら様子を見てみましょう。

電気をかけていきますか?」

電気をかけましょう。ではなく、

かけていきますか?と訊ねたという。


全く拍子がぬけるような

主体性のない対応だった。


がっくりとなって帰宅し、

もうこれは仕方がない!

新生院へ行くしかないと

決心されたようだ。


心配された面持ちで来られましたが、

これは骨盤の傾きを

矯正すればいいだけのこと、

一発で改善しましたね。


「すごーい、歩いて見て

痺れもないし、痛みもないですー」

と彼女は素直に驚いている。

元々”さくらタイプ”の方なので

来院された時はいつでも

こうなのだ。


「もう一つ、鼻の歪みを治して

いただけます?」

顔の皮膚の問題で

形成外科に行った時

「鼻が曲がっている」と言われ、

「整体へ行きなさい」とも言われたという。


「へえー、形成外科の先生が

整体を勧めたのですね」と私。


そこで顔面矯正をしてあげて

施術を終わる。


彼女は鏡の前に立ち、

気になっていた部分に

触りながら「良くなってるー」

と満足されたようだ。



彼女に形成外科の先生が

整体を勧めたということだが、


以前は西洋医学の先生達から

目の敵のようにされていたのに、


この頃になって、

整体の位置が上がって来たようだ。


あちこちの西洋医学の先生が

整体を勧める機会が増えている。


しかし、余り認められて

西洋医学に整体が組み込まれるように

なったりすると

ちょっと困るのだが、、、。





















◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
新生院
http://www.konpon-seitai.com
住所:〒211-0063 神奈川県川崎市
中原区小杉町3-432-1 オムラビル302号
TEL:044-711-1623
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆